中学生の時から右足裏に魚の目が・・・25歳の今もある

query_builder 2023/09/07
足関連
1821775

中学生の時から、右足だけに魚の目をずっと持ち続けている女性です。


肩こり・首こりで来院されました。


お体を診たところ、右足裏に魚の目があります。


ふくらはぎ・太ももは硬く張っており、押すと強い痛みを感じます。


また、数年前には、階段の上り下りの際、ひざに痛みが生じ歩くのにとても苦労しました。


どうして魚の目になったのかな?』と思ったことありますか?


と聞いたところ、


『全く思ったことないです。どうしたら、魚の目を削れるのか』としか思わなかった


そうなんです。みなさん、魚の目がなったからどう削ったらいいかなと思うのですが、


なぜ、魚の目ができたのかなとは思わないんですよね。


生まれた時から、魚の目があったら、どう削ろうかなんですが、


途中から、魚の目が出来たのなら、なんらかの原因があるはずなのです。


魚の目ができた原因は、魚の目が出来ている部分に圧をかけているからです。


ということは、圧をかけなければ、魚の目は無くなります。


彼女は、中学から高校時代、サックスをしていました。


サックスを右足でグッと体重をかけて持ち、練習・演奏をしていたから、魚の目が出来たのです。


では、なぜ、サックスを止めたのに、魚の目が無くならなかったのか?


それは、右足に体重をかける立ち方・歩き方がクセになってしまったからです。


そのクセを改善したら、魚の目はなくなります。


立ち方・歩き方が問題なのです。


ひざの痛みも立ち方・歩き方の問題で生じます。


つまり、立ち方・歩き方を正しくすれば、体から痛みは無くなります。


痛み無く過ごしたいですよね。


当院は『ゆるかかと歩き』指導院です。


まずは、トライアルコースで、『ゆるかかと歩き』を体験してみて、


自分が足に圧をかけていたことが分かります。

NEW

  • 新メニュー誕生、有料モニター募集限定5名 カラダ水脈をめぐらせダイエット

    query_builder 2024/01/29
  • あなたの治らない腰痛は、姿勢のせい!

    query_builder 2023/12/01
  • 第2回「歩き方教室」開催します

    query_builder 2023/11/24
  • 歩き方教室を開催します

    query_builder 2023/11/14
  • ひざに少しで痛みを感じる方へ

    query_builder 2023/10/26

CATEGORY

ARCHIVE